読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気合玉は声を出して当てろ!

構築や単体考察など

SMシーズン1で使ったPTのメモ 最高レート1990 最終レート1900前半

 

f:id:tuckypoke:20170118124512p:plain

 

メガゲンガー@ゲンガナイト おくびょうCS

シャドーボール ヘドロ爆弾 おにび 気合玉

ほろびや道連れ型を試したがナンスが解禁されていないのであまり刺さってない印象。道連れはガブがスカーフを持っていることが多いこと、連打すると失敗する使用になったことから使いこなせなかったのでこの型になった。声を出しながら気合玉をおすとほぼ当ててくれるエリート

 

カプ・テテフ@こだわりスカーフ おくびょうCS

サイコキネシス ムーンフォース シャドーボール きあいだま

めざぱ地面を厳選したがこだわりスカーフを持たせたのでピンポイントではなく威力重視の気合玉にした。メガギャラドスが相手のPTにいるときはほぼ選出。先制技無効なことからメガルカリオ対策としてもよく選出した。いじっぱりスカーフガブリアスならばこちらのほうが速いが、抜かれている場合と抜いている時がほぼ五分五分な印象

 

バルジーナゴツゴツメット わんぱくHBS

イカサマ ちょうはつ とんぼがえり はねやすめ

とんぼがえりを使えてじしんをすかせる物理受けとして採用。ゲンガーが進化済みの場合、スカーフガブリアスに対して後出しすればとんぼがえりからのゲンガーキャッチという安定行動をとれる。意外ととんぼがえりのイメージがないのか有利対面を作ることがとても多かった

 

トリトドン@オボンのみ おだやかHBD

ねっとう あくび まとわりつく じこさいせい

とても優秀なタイプを持っているので採用。Zおきみやげをしたいがために育成したが使用することができなかったため、あくびとまとわりつくで眠らせる型にした。メガゲンガーでキャッチは警戒されるが、トリトドンでキャッチされることはほぼ警戒されなかったので選出すればほぼ活躍していた。くさむすび持ちのコケコにはバルジーナゴツゴツメットをあてに行く択ゲーになることもある。

 

ジバコイルとつげきチョッキ ひかえめHCD

10万ボルト めざめるパワー氷 ラスターカノン ボルトチェンジ

カプ系を受けにいくことが出来るポケモンとして採用。メガギャラドスがとても多くいるためがんじょうの意味をあまり見いだせず特性はアナライズ。有利対面にめざぱを撃てばガブが死ぬこともしばしばある。ポリ2と同速なので素早さ-1にすべきか悩んだが眼鏡を持たせなければ確定2をとれないのであまり差はないと判断。テッカグヤに素早さが負けておりじしん持ちには有利をとられてしまうため環境次第でS調整必須だと感じた。

 

パルシェン@水Z いじっぱりAS

つららばり ロックブラスト シェルブレード からをやぶる

しばらくカイリューを使用していたが、1900代はマンムーマンダばかりだったのでパルシェンに変更。水Zならばハイドロポンプのほうがいいか迷ったが、シェルブレードで特に後悔することはなかった。トリトドンで眠らせた後に3タテすることもあり、まともな物理アタッカーがこのポケモンしかいないため、トリトドンを選出する場合はセットで選出して大活躍していた。

 

まとめ

2000すらいけなかったので悔しさもあるがよく考えたらレート2000前後が適正レートなので妥当だった。ミミロップナイトが解禁するかどうかわからないが、ミミロップが使えるようになればまた2100を超えれるようにがんばりたい